40代の仕事の考え方【他人のために働くこと】

40歳からのキャリア
もふねこ
もふねこ

こんにちは、もふねこです。
40代は激動でしたのでいろんな働き方をしてきました。

40代になってふと仕事について考えたりしませんか?
「これから仕事をどうとらえるべきなのか」
「仕事に対する考え方が間違っているのかな」
「そもそも仕事って?」

40代だとこれまでに仕事に費やしている時間が膨大なので立ち止まって考えるのも仕方ありません。この記事では「仕事の考え方」をテーマにお話します。

40代の仕事の考え方

  • 利他的な動機で働きましょう

40代の仕事はお金のためだけじゃない

生活のためにはお金は必要です。ここは当然土台としてあります。
そのうえで能力を評価されたい、その組織の一員でいたいという欲求が出てきます。

40代であればもう一段上のステージの動機をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

仕事を通じて成長していきたいという成長動機です。

意外とここでつまずく

ある程度の成長で満足してしまって惰性で働くことで成長が止まっていませんか?
またそもそも仕事が合っていないとか人間関係とか様々な要因が成長を阻害してつまずくことがあります。
転職理由でも若いときは給与が低いからという理由も見られますが、40代は仕事そのものを理由としたことが多いです。

ここでつまずいたら他人のために働く気持ちの変化が生まれるはずもありません。

ルートは一つだけではない

では、つまずいたらどうすればいいのでしょうか?

危機感をもって現職で奮起する

もし、仕事自体は好きでその他に問題があるわけではなく、あなたの心構えによるものであればエンジンをかけなおしてください。

成長を止めた40代の衰えはあっという間です。この時代、終身雇用の保証などどこにもありませんので危機感を持ったほうがいいです。

転職をする

一番シンプルな解決方法です。問題解決が他の会社に移ることで可能になるのであれば
転職を視野に入れてもいいでしょう。

ただ、40代の転職はじっくり対策を練る必要がありますのでプロの意見を取り入れながら活動することをおススメします。転職エージェントサービスは無料なので使わない手はないです。

副業をする

人間関係など良好であれば現職に留まって副業にやりがいを見出すということもアリだと思います。

結構トレンドであり、個人のスキルや商品をつなぐプラットフォームも数多く存在します。すぐに稼ぐことは難しいですが、副業から得た知識や経験が本業に活かされるという好循環も期待できますのでまずは色々と試してみて副業の中に社会的意義を見出してみてください。

利他的な動機とは

本来、阻害要因がなく自分の仕事にやりがいを感じて成長していくと、周りの人を巻き込んで同じ目的に向かっていくようになります。

これを40代の方はマネジメント業務という立場でやられている人もいると思います。
マネジメント業務については自分の評価のために動くというより同じメンバーの成長や成果を出す喜びを優先してあげることが利他的と言えます。

そして、さらには大きな使命感を持って仕事に取り組むようになると最上位のステージに到達していると言えます。あくまでも自己中心的な考え方ではなく社会的意義を抱いて一途に取り組んでいる状態です。

40代の仕事は使命感を持って働く

理想的かもしれませんが、これから20~30年も働くことを考えると社会に貢献できている実感を持った仕事をするべきです。

若いころのようにがむしゃらに働くことができず、色々と考えてしまうのが40代だと思います。

どうせ働くならあらゆる手段を考えて見つけ出すべきです。

他人のために働くということ

そうはいってもピンとこないかもしれません。

そもそも仕事とは?

いろんな定義があると思いますが、
あなたが関わることで価値が変化すること」だと思います。

  • Aという商品をあなたが売ることで売上に変わる
  • 様々な数字をあなたが整理することで戦略的に価値のあるデータに変わる
  • 仕事に悩んでいた部下にあなたがアドバイスをすることで前向きに仕事に取り組み始めた

立場や部署によっていろんなパターンがあると思います。

人によって違う

例えば、あなたは「Aという商品をB社に売ることで売上に変わる」と思っていることを別の人は「Aという商品を提供したことでB社の業績に貢献できた」と考えているかもしれません。

言い方の違いでは?と思うかもしれませんが、本気で後者のような考え方の人もいてイキイキとしているんですよね。
過去に私も同様のことがあり、考え方を変えなければと思いましたが難しかったです。

営業の仕事での仮定になりますが、この場合は商品やサービスか売り方に違和感があると後者のようにはなれません。

なので自分が納得する商品やサービスを適切な方法で提供することが他人のために仕事をすることに繋がると思います。
それが利他的な動機となりやすい状況だと言えるでしょう。

まとめ

仕事の考え方については多種多様でひとそれぞれといったところもありますが、億り人にならないかぎり仕事は続けていかなくてはいけません。

ただ単に食べるために仕事をすると割り切った方でないからこの記事を読んでくれているのだと思います。是非自分にあった方法で社会に貢献できる創造的な仕事をしていただきたいと思います。

併せて読みたい

おススメの本

副業でWEB系を考えている方に激押し

マネジメント職をされてるのであれば是非

コメント