40代で仕事が忙しい

仕事・人生(生き方)

40代で仕事が忙しいと後悔します!【結論:あなたのために時間を使いましょう】

40代って仕事忙しくて消耗する…
働き方を変えて、自分の時間を持ちたい
こんなに忙しくしていて大丈夫なんだろうか?

40代は会社での立場的に「仕事が忙しい」と感じている人は多いと思います。
とはいえその忙しい仕事の先に何か残るのでしょうか?

「心を亡くす」と書いて「忙しい」とはよく言ったもので、
往々にして雑多な仕事に振りまわされていることが多いようです。

僕自身、起業してからというもの一心不乱に仕事をしていた時期がありました。
自分の価値を高めるという意識を亡くし、雑多なことまですべてやっていたため、
余裕がなかったのです。

本記事の内容

・なぜ40代の仕事が忙しいのか
・40代で仕事を忙しくしてはいけない3つの理由
・もっと自分に時間を使おう!

40代はあなたが思っているより、ずっと貴重な時期です。
仕事の忙しさで大切なものを見失って、あなたの人生を消耗させないように、
最後まで読み進めて参考にしてください。

なぜ40代の仕事が忙しいのか

上司と部下との板挟みで、40代は立場的にも忙しくなりがちです。
また仕事だけでなく、プライベートでも様々なイベントがあります。
本章では40代が仕事で忙しい理由について解説します。

プレイングマネージャーという役割

40代でマネジメントポジションにいるひとは、
おそらく30代の頃、プレイヤーとして活躍されていたのではないでしょうか?

短期的に成果を求めると、プレイヤーとしてあなた自身が動いたほうが早いことがあるでしょう。
するとマネジメントにかける時間がどんどんなくなり、部下の成長も遅くなります。

結果、なかなかプレイヤーの立場から抜けれなくなるという負のループに陥るようになります。

マネジメントとプレイヤーを両立させようとしたら
いくら時間があっても足りないはずです。

このように多くの40代はプレイングマネジャーとしてやらざるを得ない状況のなか、忙しくなってきます。

都合よく仕事を振られる

上司や経営層の期待にすべて応えようと頑張れば頑張るほど、
いろんな仕事が振られるようになります。

この何でも屋の状態だと、どうしてもマルチタスクになってしまい、
集中して業務を行うことが難しくなります。

もし、あなたが「○○に強い」という自己ブランディングが出来ていれば、
振られる業務も絞られてくるはずです。

上司から便利に扱われると、あなた自身の本来の仕事に加えて
関係ない仕事が積まれるわけですから、忙しくなるのも必然といえるでしょう。

40代で仕事を忙しくしてはいけない3つの理由

40代で仕事が忙しいと感じているのはリスクだと言えます。
なぜならやるべきことをやっていれば、「忙しい」とは感じないからです。

この章では40代が仕事で忙しくしてはいけない理由について解説します。

①市場価値が上がらない

プレイングマネジャーとして仕事をして、マネジメントが疎かになっていたら、
マネジメントスキルは身につきません。

もし転職するとなった場合、プレイヤーだと30代と競合します。

40代が転職市場で求められるスキルとしてマネジメント力が挙げられます。
もちろん他にも色々と求められるものは企業によって異なります。

とはいえ、多くはこのマネジメントスキルを評価するため、
ここを語れるかどうかで市場価値は大きく変わるはずです。

目先の成果に惑わされて、本来やるべきことが疎かになってしまうことは、
ゆくゆくはあなたの価値を下げていくことになります。

そのためプレイヤーとして忙しくなることはリスクなのです。

②新しいことに取り組めない

忙しいと日々の業務に追われて、新しいことに取り組むことができません。
あれもこれもと、仕事を抱えてしまうと時間がなくなります。

その状況を解決するために任せられる仕事は部下に任せるようにしましょう。
もっというと、あなたが出来るようになった仕事はどんどん手放すのです。

すると新しいことに挑戦していけるようになります。

もちろん部下にもキャパシティがありますので、全部とはいかないかもです。
とはいえこのような意識があると、あなたは常にアップデートされてきます。

変化が激しい時代です。
今までのやり方にこだわらずに、チャレンジしていくことが成長につながっていきます。

③強みができない

やるべきことに集中できない程、バタバタと忙しくしていると強みができません。

40代は今後どういった人材になりたいのか、何をやるべきかを明確にする必要があります。
すなわち、戦略と同じで「大事なところを残し、不要なものをはぶく」のです。

角が立たないよう、うまく成長につながらない仕事を断り、
あなたに必要な仕事を積極的にやっていくのです。

すると社内で「○○のことならあなた」という専門家のポジションができます。
これこそが強みとなってきます。

会社に都合よく使われていると、強みを失ってきます。
定年まで今の会社に入れるとは限りません。

忙しくして強みを作ることができなくなるのはリスクでしかないのです。

もっと自分に時間を使おう!

忙しい人の特徴として、自分の時間を犠牲に頑張っていることです。
「やるべきこと」をやっていて充実感があれば問題ないと思います。

ただ多くは、「やらなければいけない」と思い込んで抱えてしまい、
バタバタと仕事をこなしているだけではないでしょうか?

40代はあっという間に過ぎてしまいます。
ただ忙しく働いてると、50歳になった時に市場価値のあるスキルが何も残っていない可能性大です。

そのため、もっと自分のために時間を使うようにしましょう。
勉強やスクール、副業などに充てるのです。
今や副業が注目されていますが、40代こそ取り組んだほうがいいと思います。

時間を生み出すためには

・任せられる仕事は任せてみる
・ムダな仕事は断る
・スキマ時間を有効に使う

といったことを実践するといいでしょう。

副業を通して学びが得られ、人脈もできます。
また収益が上がるようになれば、人生の選択肢も増えてきます。

あなたの価値を高め、人生を豊かにするには「時間」という有限な資産を
あなた自身に振り向けるようにしましょう。

40代におすすめの在宅でできる副業7選

続きを見る

まとめ:時間は貴重な資産です

40代で仕事を忙しくしていることのリスクについて解説しました。

1年の体感スピードは、これまで費やした年数に比例すると言われています。
20代の1年は1/20、30代は1/30、40代だと1/40です。

あなたの成長につながらない、価値が薄い仕事で忙しくする時間はありません。

・任せられる仕事は任せてみる
・ムダな仕事は断る
・スキマ時間を有効に使う

やらなくてもいい仕事を明確にして、上記のコツで時間を生み出し
価値を高める仕事に取り組むのです。

あなたの成長にフォーカスして仕事をするのとしないのでは、
50歳の時点で大きく差がでてきます。

貴重な時間をムダにしないためにも、意識して「暇」を作っていきましょう。
応援しています。

 50歳からの幸せな独立戦略 会社で30年培った経験値を「働きがい」と「稼ぎ」に変える!

 40代からのライフシフト 実践ハンドブック―80歳まで現役時代の人生戦略

40代におすすめの在宅でできる副業7選

続きを見る

-仕事・人生(生き方)
-, ,

Copyright © 働くもふねこ , All Rights Reserved.