https://mofuneko.net

40歳からのキャリア

40代は会社にしがみつく気持ちを捨てましょう

2020年7月4日

もふねこ
こんにちは、もふねこです。
40代で転職してその後起業しました。
現在は特化型の転職エージェントをしております。

順風満帆で出世街道を進んでいる人がいる一方で、コースから逸れてしまった人もいます。
40代は会社から選別され始めるため危機感を募らせている方も多いのではないでしょうか?

新たな可能性を見出して再出発を図る人と会社にしがみついていく人、また迷っている人とそれぞれです。

この記事では「会社にしがみつくことはどうなのか」について深堀をしていきたいと思います。

 

40代で会社にしがみついても大丈夫か?

  • 「会社にしがみつく」という気持ちは危険です

40代は仕事の面では上を見ると先細るポスト、下を見ると優秀な次世代の社員のはざまで思い悩む時期だと思います。またプライベート面では家計の支出で教育費や住宅ローンなどコストが嵩む時期でもあります。

しかしながら40代の転職の難しさがあるため「会社にしがみつく」という選択をされているのだと思います。とはいえ、この選択は正しいとは言い切れないのです。

社員に対して優しく長く雇用しようという会社に勤務しているケース

稀にそのような会社がありますね。

私が新卒のときに入社した会社は業務はハードでしたが、おそらくその類の会社だと思います。元上司(出世は止まっている)もまだ在籍しているようです。ただ、やりがいは感じてなさそうですが・・・

そんなラッキーなケースだと報酬のこともあり挑戦しづらいかもしれません。
ただこれからは部下や後輩社員から追い抜かれて、日の当たらない部署に異動となり、転籍や転勤の憂き目に合い、役職定年で給与が下がるというプライドもズタズタになるようなことは覚悟しておかないといけないでしょう。

ひょっとしたらどこかのタイミングで気持ちが切れてしまうかもしれません。また今後20年の間で社長や役員の顔ぶれが変わることで方向転換する可能性もあります

その時に「価値ある人材」であるために、気持ちの面で「会社にしがみつく」というのは極めて危険だと言えます。

大企業ではない会社に勤務しているケース

中小企業やベンチャー、または大企業であっても斜陽産業や業績が思わしくない会社に勤務している場合は「会社にしがみつく」と思っていてもいずれ追い出されると思います。

私の勤務している会社は、1部上場企業なのですが、小売などでもない法人営業がメインの企業です。かといって大企業ではないですから、リーマンショックで大打撃を受け(業種的に最大限くらいの衝撃を受けました…)リーマンショック以降、毎年早期希望退職者制度で退職者を募集してます。特に40代以上を早く辞めさせたい感じです。

出典:Yahoo!知恵袋

希望・早期退職、6年ぶり1万人超え 若手に原資回す
調査会社の東京商工リサーチは6日、2019年1~11月の上場企業の早期・希望退職者の募集(または応募)が、1万人を突破したと発表した。年間で1万人を超えたのは6年ぶりで、18年1~12月(12社、4126人)の約3倍の人数に上る。20年以降も、足元の業績が好調な企業を中心に既に7社、計1500人の実施が判明している。

出典:日本経済新聞社


75歳まで働くことを考える

他者の都合でキャリアを左右されていると50歳になったときに、自信を持ってアピールできるスキルや会社の看板なしで自分の力にて稼ぐ能力は備わるでしょうか?

年金の問題、少子高齢化&長寿命化を踏まえると後期高齢者の75歳までは現役で働くことになりそうです。それを考えると50歳以降の働き方は40代で方向付けしないといけません。

40代での働き方はとても重要なのです。終身雇用も終わってると言える中、最後まで面倒を見てくれるような稀有な会社に勤務していないのであれば、依存する気持ちはきっぱりと捨て去り今後の自分のキャリアを真剣に考えるべきでしょう。

挑戦することに及び腰になったり、居心地のよさから現実逃避したりする気持ちが出てくるかもしれません。しかしながら準備無しで50代になった場合はまず転職の厳しさは今の比ではありませんし、独立起業もままならないでしょう。

40代は遅くない?

早くはないけど遅くはありません。
確かに転職市場は20~30代が中心ではありますが、即戦力を求める企業だと「マネジメント力」「専門知識や技術」を期待して40代の採用を行うところもあります。

スキルには期限があります

例えばプログラミングを例にするとある言語でスキルを習得したとしてもその後学習を怠っていればすぐに新しい言語が主流となっているため価値がなくなってしまいます。

同じようにマネジメント力も営業力や企画力といったものでさえ時間の経過が進むと通用しなくなってくるかもしれません。現職で腐っている間にスキルまで腐ってしまいます。

リモートワークが普及したため、既に色々と変化しています。変化のスピードについていけないと、あっという間に陳腐化してしまいます。

まずは自分を知ることから

過去に転職を経験されているのであればキャリアの棚卸し自己分析をしたことはあるかもしれません。40代のタイミングで転職するしないに関わらず、振り返ることは必要です。

そして、今後どのようなことをしたいのかを思いつくままに書き出してみてください。
この自分を見つめ直す工程ができれば、40代ですべきことが明確になります。

参考徹底した自己分析が40代の転職成功のカギ


市場価値を調べる

今の自分を客観視するために市場価値を知ることも有効です。
下記のサービス(ミイダス)から自分の現在の市場価値を調べることもできます。
無料ユーザー登録で簡単に利用できます。

まとめ:挑戦すること

40代は今おかれている状況によって取る戦略が異なってきます。とはいえ共通して言えることは重要な時期である40代は挑戦していくマインドは持っていないといけないということです。

これまでの経験だけで推進していけるほどこれからの世の中は甘くはありません。
常に変化し続けるには、ちょっとした挑戦の積み重ねが後に大きな差になっていきます。

守りに入ることなく引き続き攻めの姿勢でいきましょう。

併せて読みたい

おススメの本

学習はいつになっても必要です。読書は一番手軽な学習なので是非!

-40歳からのキャリア
-

© 2020 働くもふねこ Powered by AFFINGER5