https://mofuneko.net

転職ノウハウ

40代の転職は何が大変なのか?【4つの対処法も解説】

2020年9月7日

 
40代の転職は大変っていうけど実際どうなんだろう?
転職が上手くいく方法があれば知りたい

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・40代の転職は何が大変なのか?【4つある】
・大変な40代転職の4つの対処法

40代の転職は大変です。
もしミスマッチですぐ退職となったら目も当てられません。

僕は40代の頃に転職を経験して、ホントに大変でした。
今は軌道修正して独立しております。

この記事では40代の転職の大変さを可視化し、その対処法を解説していきます。
最後までお読みいただき転職を成功させてくださいね。

40代の転職は何が大変なのか?【4つある】

ビジネス経験があれば40代の転職は大変だというイメージは持っていると思います。
ただ、なんとなく把握しているだけでは対策出来ません。
ここでは具体的に40代の転職で大変なことを解説していきます。

候補となる求人探しが大変

40代の転職では求人を見つけることが大変です。
「そこからかよ~」と思うでしょうが事実なので仕方ありません。

求人サイトで検索しても若手が活躍しているようなコピーが目立ちます。
「年齢不問」と記載されていたとしても、それは年齢制限の表記をするには条件があるためなので、実際の企業の思惑とは異なります。

また40代の募集ニーズがあったとしても採用枠はせいぜい1人です。

そのため候補求人を探すのが大変なのです。

書類選考の通過が大変

40代の転職では応募しても書類選考で落とされることが多いです。

僕も苦労した記憶しかありません。
応募しても一向に連絡がない企業もありました。

書類選考のハードルはとても高いです。
40代の転職の大変さはこの段階でヒシヒシと感じるでしょう。

面接が大変

40代の転職では最後の関門、面接も大変です。

なぜなら採用側はある先入観を持っているからです。

具体的には以下になります。

 
  • 自分のやり方を曲げないのではないか?
  • 新しいやり方についていけないかも・・。
  • 成長の限界を迎えているかもしれない。
  • 既存社員とうまく馴染めないのでは?

あなたは自身の強みをアピールしつつ、その先入観(=懸念点)を払拭する必要があります。
そのため40代の面接は大変なのです。

収入ダウンが大変

よほどのスキルがなければ40代は転職すると年収がダウンします。

なぜなら現職で積上げた実績や信頼はリセットされるからです。

もちろん現職が平均値より少なければ年収アップできるかもしれません。
(業種ごとの平均年収のデータあり:40代の転職で年収をアップさせる方法【40代の平均年収も分析】

とはいえ、20~30代と比べると年収アップする可能性は低いため40代は大変なのです。

大変な40代転職の4つの対処法

大変な40代の転職をうまくいくための対処法はどういったものがあるのでしょうか?
ここでは4つの対処法を解説していきます。

自己分析の徹底

40代の転職において最重要は自己分析です

この自己分析の出来次第で応募書類や面接の受け答えに影響があるからです。
確かに社会人歴が長い分、20~30代よりは大変ですが、その後の大変さを思えば踏ん張りどころでしょう。

時間をかけてキャリアの棚卸しやキャリアの指向性を分析することが、転職成功への近道です。
まずは自己分析を徹底的に行うべきです。

転職エージェントの利用

40代の転職においては転職エージェントの利用は必須レベルです。

主な理由は3点。

 
  • 40代が応募可能な求人を非公開求人も含め案内してくれる
  • 求人票に記載のない企業情報を提供してくれる
  • 応募書類の添削や面接対策をアドバイスしてくれる

僕も40代の転職したときは、主に転職エージェントサービスを使っていました。

40代の転職は知人紹介がなければ、自分一人での転職活動はムリだと思います。
担当者と仲良くなって、転職成功のために力を貸してもらいましょう。

支出・家計の見直し

収入が減る可能性があるのなら支出をおさえるのが一番です。
ムダな保険、使わない車、通信費など固定費の削減を検討してみましょう。

転職で一時的に収入が下がったとしても、やりたい仕事に就けたのであれば収入アップの可能性もあります。
浮いたお金で贅沢はせず資産運用に回せば将来の備えにもなりますね。

この固定費が高いと「仕事内容としては魅力的だが給与的に厳しい・・」となってしまうことがあります。
選択肢を増やすためにも固定費削減を検討してみましょう。

転職をやめて現職に留まる

転職活動をしてみた結果、現職に留まるというのもアリです。
なぜなら転職活動を通じ、市場価値にさらされることで自分を見つめ直すきっかけになるからです。

自分を振り返り、転職エージェントから給与査定(提案求人の年収条件)されることで、会社の看板抜きの実力が見えたと思います。

 

行動した結果、今後の仕事への取り組み方や自己研鑽の意欲など変化が生まれるはずです。

一番まずいのは、大変だと思って行動しないことでしょう。
自分を知る機会もないため傷つくことなく、これまで通りの意識のままです。

なので転職活動という行動をしたのであれば、中断して現職に留まるのは悪くないと思います。

要チェック僕も読みましたが、今いる会社で頑張るという人は知っておくとよい内容の1冊です。

まとめ:大変だけどやりようはある

いかがでしたでしょうか?
40代の転職は大変ですが、やりようはあります。

事情により絶対に転職しなければいけない状況であれば、在職中に本記事の対処法を駆使して内定を獲得しましょう。

行動してるひとは50代以降のキャリアを引けていると思います。
行動の先にしか成功や成長はありません。

悔いのないよう、万全の準備を整えて挑みましょう!

-転職ノウハウ
-,

© 2020 働くもふねこ Powered by AFFINGER5