【40代の転職】異業種転職へのチャレンジは厳しい?

40歳からのキャリア

40代の転職でさらに異業種となると難しいのかな?
今の業種は将来厳しそうだし成長産業への転職を考えたい。
異業種への転職に有利な職種とかあるんだろうか?

そんな疑問にお答えします。

もふねこ
もふねこ

こんにちは、もふねこです。
40代で転職した時はまさに異業種(人材⇒リース)でした。

40代の転職で異業種は無謀?

  • ポイントを押さえていれば可能です

そもそも転職だけでも不安なので異業種となると更に不安ですよね?
でも3つのポイントを押さえておけば難易度はぐっと下がります。

経験職種が活かせる業界を狙う

40代に期待する能力としては「経験職種での専門知識・専門スキル」が圧倒的に多いです。そのため「異業種転職」を考える場合は経験職種の募集から選ぶべきでしょう。

特に「営業・マーケティング職」はニーズが高いため異業種転職が狙いやすいと思います。
またIT関連のスキルはどの業界でも求められているスキルになるため大変有利だと言えます。

未経験職種の転職をお考えの方はこちらもお読みください。

check 40代未経験の転職でも成功する方法とは?


ニーズがある業種を狙う

異業種からの転職を受け入れやすい業界を検討することもポイントです。今後の成長が著しいIT業界をはじめ、サービス業界、不動産業界、メディカル業界、小売業界などが狙い目です。

そもそもの人材不足や新規事業の立ち上げ、事業拡大に伴うマネジメント層へのニーズなど様々な理由から募集があります。


異業種でも活かせるスキルを見極める

所属されている会社によって同じ職種でも経験スキルが異なる場合もあります。ご自身のこれまでで培ったスキルの特徴をしっかりとつかんで募集求人とマッチングしてください。

この工程はプロのエージェントでないと難しいかもしれません。転職エージェントサービスは無料なので担当者に経験スキルを伝えてマッチする求人を案内してもらいましょう。

異業種転職の注意点

転職理由は明確に

どの業界でもやはり同業からの転職者が一番割合が多いため、なぜ異業種から転職されるのかという理由は明確にしておくべきでしょう。わざわざ異業種からの人材を選ぶわけですのでスキル面以外の要素にも相手を納得させる必要があります。

業界ごとに異なる文化を理解する

同じ職種でも業界が異なると顧客層や商品・サービス、取引慣習、業務フローなどこれまでと勝手が異なるところが多々あります。

面接時に「あなたはどのような貢献ができるのか?」という質問に現職の業界のやり方で話を展開すると的外れになる可能性がありますので、事前に調べられる情報はしっかりと収集するようにしてください。
転職エージェントサービスの担当者が業界に詳しければそのあたりは安心です。

謙虚さは忘れずに

無事入職が決まったということであれば異業種転職に限った話ではありませんが謙虚な姿勢でいることが大事です。勝手が違うことが同業転職よりも多くありますので、柔軟に対応していかなければなりません。業界の特徴をつかむまでは他の社員からの教えに沿ってやるほうがいいと思います。

ただ、異業種転職の場合は以前の業界知識を期待されているケースもありますので適宜対応していきましょう。

まとめ:異業種転職はアリ

これまで経験をしっかり積んでスキルを磨かれた方にとっては異業種転職はポイントを押さえていれば難しくはありません。むしろ積極的に狙っていくほうがいいかもしれません。

AIやリモートワーク、ギグワークなどこれからの時代は雇用や働き方で大きく変化していくと思います。当然、伸びていく産業では新たな雇用が創出されていく一方で斜陽産業ではリストラもあるでしょう。

そのあたりを見極めての異業種転職は十分「アリ」な選択だと思います。

併せて読みたい

おススメの本

これからの時代を読むのに役に立ちます。

同じく。結構売れているみたいですね。

コメント