人生(生き方・働き方)

40代は人生の転機に見舞われがち!上手く好転させるための方法とは?

40代は人生の転機が訪れやすいのか?
人生ハードモードだけど好転できるんだろうか?
何かいい方法があれば知りたい。

人生には様々な転機が訪れてきます。
僕もそうでしたが、特に40代は結構シビアな試練が多いように感じます。

本記事の内容

・人生の転機はなぜか40代に訪れる
・人生の転機とは?
・人生の転機を好転させるコツ

あなたの現状が順調であっても、そうでなくても
最後まで読み進めて人生の転機を味方につけてください。

僕自身、身に染みて心から思っていることを解説しています。
参考にして、同じ轍を踏まないようにしてくださいね。

人生の転機はなぜか40代に訪れる

人生の転機は突然訪れてきます。
小さなものから大きなものまで様々で、時期もひとそれぞれです。

とはいえ僕もそうでしたが、40代は人生の転機となることが多くあるようです。
本章では40代に人生の転機が訪れやすい理由について考察していきます。

40代は公私ともに余裕が出てくる時期

40代は仕事もプライベートも一旦落ち着く時ではないでしょうか?

仕事面では20代のころはガムシャラに仕事を覚え、
30代になって失敗や成功体験を積んで成長していきます。

プライベートでは結婚、出産、子育てと30代が一番大変な時期のことが多いでしょう。

目標などに向かって懸命になっているときは無我夢中なのですが、
状況が落ち着いてくると人は色々と思い悩むものです。
40代は将来のこと、これからの人生、仕事のことなど重要なテーマなことを
考えやすい時期でもあります。

その悩みに対して、決断をする。
そしてその決断こそが人生の転機になってくるのです。

7年周期でピンチはやってくる

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」の中に
「7匹の太った牛と7匹の痩せた牛」というお話があります。

太った牛とは豊かな収入を表しています。
要するにいつまでもいい状況が続くわけはないので
きちんと備えておきましょうということです。

7匹というのはユダヤでは7年周期で物事をとらえているからです。

良い時期はせいぜい7年、その後に「痩せた牛=貧しい収入」がやってきます。

日本では男性の42歳を「本厄」としていますよね?

30代の上り坂が太った牛の時期だとすれば、
40代がちょうど試練のときに当てはまるわけです。

しっかりと準備をした人、あるいは課題に向き合って適切に対処した人は
痩せた牛をどかすことができるでしょう。

この考え方に照らし合わせてみると、
早い人で40代前半、遅くとも40代後半に痩せた牛がやってきます。
間違いなく人生の大きな転機となるはずです。

人生の転機とは?

そもそも人生の転機とはどのようなものを
指すのでしょうか?

大きく分けて2つあります。

・ライフイベントのよるもの
・突発的なもの

それぞれ解説します。

ライフイベントによるもの

一般的には人生の転機と呼ばれるものには
以下のようなライフイベントに伴うことが多いです。

ポイント

・就職
・結婚
・出産
・転職
・定年
・死別

他には人との出会いや別れ、身近な人や著名人の一言などでも
人生の転機になりえるでしょう。

突発的なもの

ライフイベント的なものの多くは予定されているケースが大半です。
事前準備や心構えなどの時間が取れるため、
対処できることも多いでしょう。

しかしながら突然の事態に見舞われた場合はどうでしょうか?

準備などが不十分なため、大きな不安や緊張に見舞われるはずです。
この急激な変化への対応も人生の転機となりやすいでしょう。

人生の転機を好転させるコツ

人生の転機となる出来事は、いい方向ばかりではありません。
放っておくと悪い方向へ行ってしまうことが多いぐらいです。

ここでは人生の転機を好転させるためのコツを解説します。

準備を怠らないこと

準備をしっかりとしていれば、人生の転機に十分な対応が可能です。

前章で解説したような予定されているライフイベントだと、
事前準備や心構えのために十分な時間があるため
失敗することが少ないはずです。

なので物事が順調にいっているときに
「そろそろ痩せた牛がくるかも」
と備えておくだけで、対応力が全く違ってきます。

僕は何度も備えを怠り、苦労してきました。

順調な時がいつまでも続くと安心せず、
不測の事態に準備を怠らないようにしましょう。

課題として向き合い行動すること

人生の転機としてやってくる事態の中には
大きな不安や絶望を感じるものもあるかもしれません。

僕も40代前半での起業失敗は絶望感に見舞われましたのでよくわかります。

とはいえ、心理的なものに押しつぶされてしまうと
何もできなくなってしまいます。

人生のピンチも、通常の仕事上の課題と同じように向き合い、
少しでも解決できるような対策を実行していきましょう。

考えているだけでは何も変わりません。

ほんの少しでも大丈夫です。
行動し続けていけば、いずれ好転していきます。

まとめ:転機は何度もやってくる

40代での人生の転機について解説しました。

僕自身、40代の前半で転職失敗と起業失敗を立て続けに経験しました。
世の中的には不景気で、解決の糸口も見えませんでしたが、
収入を切り捨て、地方への転居+中小企業への転職から
徐々に取り戻していき、そしてなんとか7年前に再度起業できました。

そこで2020年のコロナです。
どうも痩せた牛がすぐにやってきます。
しかも今回も準備が不十分でした。

本記事を読んでいただいてるあなたは十分な備えをし、
もしくは既に苦境に立たされているのなら、
一つ一つ課題をこなして乗り越えていきましょう。

きっと人生は好転していくはずです。
応援しています。
そして僕も頑張ります。

 ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

-人生(生き方・働き方)
-,

Copyright © 働くもふねこ , All Rights Reserved.