生涯未婚率

仕事・人生(生き方)

急増する生涯未婚者【一生独身を避けるには?】

「生涯未婚率」って聞いたことありますか?
僕は独身率って思っていましたが、正式には未婚率だそうです。

生涯未婚率は50歳時点で結婚をしていない人の割合を指します。
それは50歳時点で結婚経験のない人は、生涯独身である可能性が高いから
目安にしているようです。

僕はついに先日仲間入りしてしまいました。

本記事の内容

・【悲報】男性の4人に1人は生涯独身!?
・なぜ生涯未婚率が上昇するのか?
・40代は早めのアクションを

既に生涯独身を覚悟されている人は途中までお読みいただければ大丈夫です。
生涯未婚率についての各種データを解説いたします。

もし結婚を諦めきれていない人は、僕の経験から「これをやっては独身になってしまう」という失敗から学んだことをお伝えしますので、最後まで読み進めて僕と同じ過ちをしないでくださいね。

【悲報】男性の4人に1人は生涯独身!?

もふねこ
まだ30歳(後半)だし、何とかなるでしょ

そう思っていた頃が懐かしい…
まさか自分が栄えある4人に1人の人材になるとは思いもよりませんでした。

本章では平成30年版厚生労働白書から生涯未婚率のデータを抜粋して解説します。

伸び続ける生涯未婚率

まずは下記グラフをご覧ください。

25年前までは男性は10人に1人以下の割合だったのが、年々増加して2015年には男性は23.4%、女性が14.1%となっています。
そして2020年以降は推計(2021年に最新データに更新予定)ですが、さらに上昇しています。

4人に1人が生涯未婚って、なかなかの数字ですよね?
もっと早くにこのグラフを見ていれば、真剣に行動したかもしれません。

男女差は広がっている

上記グラフを見てみると1990年以降、男女の未婚率の差が広がっています。
様々な要因はあるのでしょうが、
色々と調べてみた結果、国立社会保障・人口問題研究所の統計資料が参考になります。

初婚と再婚の割合のデータがあり、以前は初婚が90%だったのが、
1990年以降低下していき、2018年では80%にまで落ち込んでいます。

すなわち、モテる再婚男性がパイを食っているのです。
大いにやっかみが含まれているかもですが、
影響は十分にあるといえるでしょう。

なぜ生涯未婚率が上昇するのか?

そもそも生涯未婚率はなぜ上昇しているのでしょうか?
各データの中でも「これは!」と思うものを2つご紹介します。
ちなみにこの2つ、僕自身にも当てはまっておりました。

独身のメリットを感じている人は結構多い

下図は未婚者で「独身にメリットを感じている」人の割合です。

出典:国立社会保障・人口問題研究所 2015年「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」

男女とも80%を超えています。

理由としては

・行動や生き方が自由
・家族扶養の責任がなく気楽
・金銭的に裕福
・広い交友を持ちやすい

などが男女とも上位を占めています。
30代の頃の自分が、まさにこんな気持ちでした。

このデータは35歳未満のものなのですが、
結婚しているひとって大体、それまでにしてますからね。

そもそも付き合っていない人が多い事実

交際相手についての調査資料もありました。

出典:国立社会保障・人口問題研究所 2015年「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」

こちらも18~34歳までで調査時点での交際相手の有無の結果です。
男性で約7割、女性で約6割が交際している人がいないと回答しています。

ちなみに配偶者有が6割を超える年齢層は
男性が35~39歳、女性が30~34歳(いずれも2015年調査時)です。

どうやら僕のように34歳でフリーになってしまうと、
その先が厳しそうですね。

40代は早めのアクションを

30代の後半はフリーを満喫していた僕ですが、
もっと危機感をもっていればよかったです。

成功法則はタイミングや属人的なことで再現性が低いですが、
失敗はかなりの確率で同じような結果になります。

どうか僕と同じ過ちをしないでくださいね。

交友関係を広げる

20~30代の感覚でいると40代は痛い目にあいます。
周りがほとんど既婚者で、急に異性との接点がなくなってくるのです。

特に会社だけの生活をしていると、出会いはほぼありません。

40代は会社以外のコミュニティを持っていないと、
どんどん孤立していきます。
40代前半で起業し、しかも無趣味の僕はこの負のスパイラルに落ちていきました。

趣味でも勉強でもいいので、交友関係を会社以外で作ることを強くオススメします。

婚活サイトを「早めに」利用する

今は婚活サイトは普通の出会いの手段です。
特に男性・女性ともに30代以降は、仕事も忙しく出会いは激減しているはずです。

実は僕も49歳のときに「40代の最後の悪あがき!」と思い、結婚相談所に登録しました。
入会金:約8万円、月会費:1万円、成婚料:20万円のタイプです。
プロフ用の奇跡の1枚が取れたため、お見合いまでは進むのですが、
実物は加工のしようがなく上手くいきませんでした。

40代は年々不利になっていきます。
今はコスパもよいサイトもありますので、少しでも早くに利用しましょう。

ちなみに上手くはいきませんでしたが、婚活は楽しかったです。

コスパ抜群の婚活サイト

初めての婚活なら、スマホ・PCで簡単登録のスマリッジで

■利用者55,000人のプラットフォーム
■結婚相談所と同レベルの充実サービス&フォロー
■安心の全額返金保証付き


まとめ:少しでも早く行動しましょう

生涯未婚について解説しました。

家族を持ちたいと少しでも思っているのなら、
これまでの生活の中を変えないと、出会いなど期待できません。

冒頭でも触れましたが、50歳以降は未婚者が結婚することは統計的に稀なため、
特に40代は真剣に取り組むべきです。

一生独身を決め込んだ人以外は、
僕と同じ過ちを避けて、少しでも早めに行動に移してください。
応援しています。

40代独身という生き方
40代独身という生き方は悪くない!【そう思える理由を経験から解説】

続きを見る

40代独身(男性)は会社を辞めても大丈夫?【問題ありません】

続きを見る

-仕事・人生(生き方)
-

Copyright © 働くもふねこ , All Rights Reserved.