https://mofuneko.net

仕事・人生・学習

会社内で居場所をなくした40代のなすべきこと

2020年7月8日

40代で会社に居場所がなくなるということはとても辛いことです。チームでは下は初々しい20代からちょうど油に乗った30代。上司は40~50代で場合によっては年下上司のケースもあります。人間関係でも難しいポジションの中、ちょっとしたきっかけで居場所を無くしていく40代は多いようです。この記事では会社内で居場所をなくしてしまった場合にどうすべきかを纏めました。

もふねこ
こんにちは、もふねこです。
40代で転職した後、起業しました。
現在は特化型の転職エージェントをしております。

 

会社内で居場所をなくした40代のなすべきこと

 
  • まずは現職にて最大限努力しましょう

陰湿ないじめのような最悪の雰囲気でなければ、転職という選択ではなく現職にて居場所を確保するように動くことが賢明です。これまで培ってきた経験が何か役に立てれないかということを再度考えてみましょう。「いや、もう改善できないと思う」という場合であれば次章まで読み飛ばしてください。

まずは謙虚な姿勢になる

仕事の姿勢、年下への接し方などで謙虚さに欠けていなかったかを振り返ってみてください。該当することがあったのなら改めるようにしましょう。

40代の方が若いころに先輩からされたような指導の仕方は、今の若い世代にとって合わないかもしれません。「昔はこうだった」は変化の激しいなかでは通用しないことのほうが多いと認識したほうがよさそうです。

40代だからこその人脈をフル活用する

40代ともなるとこれまで経験した業務の数だけ社内外の人と関わってこられたはずです。そういった財産をチームのために惜しみなく使うことで貢献しましょう。

会社の規模が大きい場合は若い世代だと部署が違う人に頼みづらいこともあるため、社内の潤滑油として組織のリソースをフル活用できるようなパフォーマンスは貴重です。

~ある会議の一場面~

A社のプレゼンは阿部さん(20代若手社員)が担当してください。
もふねこ
阿部さん、A社なら以前取引したことのあるB社が参考になるから、当時の担当だった○○部の伊藤さんに話聞くといいですよ。よければ伊藤さんに話通しておきますのでいつでも言ってください。
ありがとうございます。それではお願いできますか?

これが社外の人脈でも同じです。チーム内のメンバーやプロジェクトに有効な人物と繋げることができれば、自分の居場所は自然とできてくるでしょう。

上司と個別に話をしてみる

特に年下上司だった場合に行き違いから疎まれる結果となり居場所を失うケースもあります。40代になってくると上司部下の年齢が逆転するケースが出てくるころでもあります。

いずれにせよ上司の年齢に関係なく、思い切って相談するべきでしょう。そこで何かしらフィードバックがあれば素直に反省して気をつければいいだけです。

また可能であれば定期的に個別の打ち合わせができると尚よいです。そうすることで他の社員も「何かあるのかな?」と勘ぐって、これまでのようにスルーしたりはしなくなると思います。

どうしても挽回できない時は転職も視野に

色々手を尽くしても挽回できないようであれば、転職活動をはじめましょう。居場所がなく無為に時間を浪費することはあなたにとって損失でしかありません。

40代の転職は時間がかかることもありますので早めに動いたほうがよいでしょう。
また念のため有給は面接のために取っておいたほうがいいです。

転職活動の準備としては2つです。

  • キャリアの棚卸しと自己分析
  • 求人探し

キャリアの棚卸しと自己分析

もちろん今回のような会社に居場所がなくなるようになった原因について反省すべきところがあれば次回に活かせるように反省をしたうえでキャリアの棚卸しと自己分析を行います。

徹底した自己分析が40代の転職成功のカギでもやり方を解説しています。

50代以降はどうなっていたいのかと明確にすると、次に積むべきキャリアが絞られてきます。


求人探し

40代で求人を探すのは実は難しいです。ネットで見かける求人の多くは若い世代にターゲットを絞って広告しているところが多く、40代が応募してもいいのか判断つかないからです。

私自身が40代で転職した際は2つの転職エージェント会社(大手と小規模の2社)と転職サイトを利用しました。エージェント会社は大手推奨です。小規模の会社は求人が少なく、ごり押しされました。転職サイトは働きながらの活動なので夜中に検索して気になる会社には応募しました。

40代の転職は転職エージェント会社を中心に行うのがいいです。大手であれば求人も十分ありますしエージェントの質もある程度は担保されています。2社ほど登録していれば安心です。

40代に強い転職エージェントサービス

リクルートエージェントの公式サイト

ランスタッドの公式サイト

JACリクルートメントの公式サイト

 

転職サイト
リクナビNEXT(強み診断:グッドポイント診断)
ミイダス(コンピテンシー診断)

まとめ:自分の成長を考える

40代で会社に居場所がなくなってしまったら、挽回できるうちは態度を改めて信頼回復に努め居場所を作ることが一番です。準備不足の状態で慌てて転職してもいい結果は生まれません。

ただ居場所がなくなったままでは自己成長もできず、将来どこかのタイミングで追い出されてしまいます。それであれば、自分の描いたキャリアのシナリオに沿って自ら見切りをつけるのがよさそうです。

今、おかれている状況を冷静に判断して今後の自分のためを考えた行動をしてください。

まだまだキャリアの折り返し前です。これからの働き方次第で十分挽回できます。これからの更なる成長に向けて挑戦し続けましょう。

おススメの本

40代が会社で生き残る術を教えてくれます。

併せて読みたい

【2020年】40代におススメしたい仕事に役立つ本

仕事ができないと悩んだら?【40代が陥りがちなポイント】

-仕事・人生・学習
-,

© 2020 働くもふねこ Powered by AFFINGER5