転職期間

https://mofuneko.net

転職ノウハウ

40代の転職はどれぐらい期間がかかる?【短期間で決める5つのポイント】

2020年9月26日

40代の転職は一体どれぐらいの期間がかかるのだろう?
できれば転職は短期間で決めたい。

転職活動はできるだけサックリと決めてしまいたいですよね?
40代の平均的な転職活動期間は3~6か月です。

僕自身40代で2回転職し、転職エージェントとして10年勤務した経験からもそれぐらいだと思います。

本記事の内容

・40代の転職の平均的な活動期間とタイミング
・転職活動の流れ
・40代の転職を短期間で決めるための5つのポイント

この記事では転職活動の期間とタイミング及び流れについて解説していきます。
また転職を短期間で決めるポイントにも触れていますので、最後までお付き合いくださいね。

40代の転職の平均的な活動期間とタイミング

タイミング
この章では転職活動の期間やタイミングについて解説していきます。
あなたが考えているスケジュールと比べてみて参考にしてください。

40代の平均的な活動期間は3~6か月

冒頭でも書きましたが、40代の転職活動期間は3~6か月程度が平均です。
以下はエン・ジャパン株式会社が運営する「ミドルの転職」で35歳以上の転職経験者(1,308名から回答)からのアンケート結果です。
転職期間

出典:エン・ジャパン株式会社「ミドルの転職」アンケート

40代では2か月以内は25%、3か月程度が27%、6か月程度が31%です。
年齢が上がると長期化しているのがわかります。

これまでの経験や希望する業界によりますが、3~6か月はかかると思っていたほうがよいでしょう。

転職活動は在職中と退職後はどちらがいい?

転職活動は在職中と退職後のどちらがいいのかという質問をよくいただきます。
下記はリクナビNEXTが転職成功者1000人に行ったアンケート調査結果です。
転職タイミング
3割程度は退職後とありますが、40代の転職活動はできれば在職中がよいでしょう。

理由としては以下の3つです。

・転職期間の3~6か月給与収入がないと生活が厳しい
・無収入だと安易に決めてミスマッチしやすい
・相手企業に変に勘ぐられることがある

もちろん退職後だと面接の日程調整がしやすいといったメリットはあります。
とはいえ余程の事情がない限り、リスクとデメリットの少ない在職中の活動がよいでしょう。

転職活動の流れ

プロセス

転職活動はほとんどが同じような流れです。
ここでは一般的な流れについて解説していきます。
また転職活動が長引く理由についても触れていますので是非対策してください。

一般的な転職の流れ

転職活動は「転職活動の準備」「情報収集」「応募書類」「面接」「内定・退職・入職」の5つのステップに分けられます。

期間は概ね3か月程度(長くても6か月)を目途にするとよいでしょう。
なぜなら在職中だと長期間の活動は仕事との両立が厳しく、離職中だと離職期間が長くなることで生活が厳しくなるからです。

いつまでに決めるという目標からの逆算で各スケジュールを組むとよいです。

転職フロー

転職期間が長引く理由

転職の平均的な活動期間や流れについてはこれまでに解説した通りです。
しかしあくまでも目安なので、人によっては各工程で遅延が生じることがあります。

転職期間が長引く理由としては下記が考えられます。

・書類選考に通過しない
・絞り込みすぎて候補求人が少ない
・応募を1社ずつやっている
・面接で上手く話せない
・退職交渉が難航している

このような事態を避けるためにも次章を参考にして未然に防ぎましょう。

40代の転職を短期間で決めるための5つのポイント

point

40代の転職を短期間で決めるポイントは以下の5つです。

  • 自己分析と企業研究
  • 転職の優先順位
  • あらゆる手段を活用する
  • 積極的に応募する
  • 反省と改善のサイクルを回す

それぞれ解説していきます。

(1)自己分析と企業研究

40代の転職で一番のキモがここです。
自己分析と企業研究がしっかりとできていれば、応募書類や面接が上手くいきやすいからです。

例えば「自己PR」や「志望動機」で相手が求めている人物像とマッチさせることを考えてみましょう。
当然ですがあなた自身のことと相手企業について理解していないと無理ですよね?

そのため、この自己分析と企業研究は疎かにしてはいけないのです。

以下のサイトは自己分析をする際に役立つツールがあり便利です。
もちろん求人を探すこともできますが、まずは強みを診断してみてはいかがでしょうか?

ポイント

グッドポイント診断・・・リクナビNEXT

(2)転職の優先順位

転職活動において優先順位をつけるのは必須です。
それはすべての条件を満たす求人は、ほとんどないからです。

希望条件の例をみていきましょう。
優先順位

これらの中で最優先のものと妥協できるものを見極めなければいけません。

特に40代の転職では年収が下がるケースもあります。
僕自身、40代で未経験職種へ転身した際は、かなり下がりました。。

どこまでであれば許容できるのかを予め決めることをおすすめします。

(3)あらゆる手段を活用する

40代の転職は20~30代と比較すると厳しいのは間違いありません。
そのため短期間で決めるにはあらゆる手段を活用すべきです。

・求人サイト
・転職エージェント
・ハローワーク
・知人からの紹介
・企業のWebサイト

僕は40代の転職で決め手になったのは、2回とも転職エージェントサービスです。
とはいえ最初は転職サイト+企業のWebページをひたすら見て情報を集めていました。

ちなみに転職エージェントはプロなので、応募書類の添削や企業情報(社風や募集背景)、面接対策など相談してみるといいでしょう。

転職サイト

■求人件数が充実しています!・・・リクナビNEXT
■オファーがあれば面接確定!・・・ミイダス

(4)積極的に応募する

応募時に1社ごとじっくりやるのもよくありません。
結果が出るまでに時間が経過した挙句、ダメだった場合また最初からです。

積極的に何社も応募していれば、例え1社ダメでも他の候補が進行しているので精神的に安定します。

実際に会社へ訪問して話を聞くことで、新たな発見があるかもしれません。
なのであまり絞り込みをかけすぎず、積極的に応募してみるのも短期間で内定を獲得するコツです。

(5)反省と改善のサイクルを回す

転職活動を短期間で決めるには、反省と改善を高速で回すことも重要です。

応募して書類選考でダメだったら、経歴や自己PR文、志望動機など修正します。
面接でダメだったら、受け答えや仕草などを反省し改善して次に活かします。

そもそも求人数が少ないので、数撃ちゃ当たる的なやり方は危険です。
消極的になるのはマズイですが、積極的にやりつつも反省+改善のサイクルを回しブラッシュアップしていきましょう。

まとめ

この記事では転職期間の目安や転職活動の流れ、短期間で決めるポイントを解説してきました。

じっくり時間をかけることも悪くはありませんが、普通はモチベーションが保てません。
一般的には転職期間は3~6か月です。

とはいえ40代の転職は楽観できません。

・自己分析と企業研究
・転職の優先順位
・あらゆる手段を活用する
・積極的に応募する
・反省と改善のサイクルを回す


これらのポイントをおさえて、早期に決めてください。

また在職中の転職活動が安心です。
忙しい方は転職エージェントも利用して効率的に進めるといいでしょう。

あなたにマッチする転職ができることを願っています。

転職サイト

■求人件数が充実しています!・・・リクナビNEXT
■オファーがあれば面接確定!・・・ミイダス

-転職ノウハウ
-,

© 2020 働くもふねこ Powered by AFFINGER5