40代の転職は資格なしだとダメ?

40歳からのキャリア

40代の転職はやはり資格が必要なのだろうか?
無資格だと転職は諦めて今の職場で我慢するしかないのかぁ。
資格の勉強をして取得してから転職活動したほうがいいのかなぁ?

そんな悩みにお答えします。

40代の転職は資格は必要か?

  • 結論:資格は必要ありません

40代の転職は何かしら資格がないと厳しいのではという不安を持っている人は多くいますが、むしろ求人企業は資格より経験や実績のほうを重視しています。

資格なしでも転職が可能なケースを解説していきます。

ポータブルスキルがある

これまで経験してきた仕事の実績をもとにあなたのウリとなるポイントがあれば十分転職は可能です。40代に求める条件として業界や職種に対しての深い理解と豊富な経験が挙げられるため具体的な事例をもとに面接でアピールできれば資格よりも相手に刺さります。

キャリアの棚卸しで「専門知識・専門技術」「仕事の仕方」「人との関わり方」を整理しポータブルスキルを見極めることのほうが資格取得より重要です。

マネジメント経験がある

40代だとマネジメントができる人材を期待されているところが多いです。

そのため前職でマネジメント経験があれば、課題・過程・結果についてどのように行ってきたかをアピールして、その経験・スキルが相手企業にて貢献できるものであると伝われば内定を取ることはそう難しくないはずです。

転職自体がまだ先という方はこのスキルは強みとなりますのでマネジメント業務ができるよう会社に働きかけて積極的にチャレンジしましょう。

資格に変わるものでスキルを証明できる

「海外の友人がいるため英語が話せる」とか「ブログ・SNSをやっているのでSEOやライティングには自信がある」といったように資格がなくてもアピールできるスキルはあります。

むしろ資格欄に記載しているだけよりも面接のときに印象に残るアピールができますのでキャリアの棚卸しには仕事以外での経験も含めて検討するようにしましょう。

資格が必要なケース

  • ポータブルスキルがなく未経験職種への転職

これまでの経験でアピールすることが無い場合でかつ未経験業界への転職を検討する場合、その業界に関する資格を取得することで本気度とその業界への関心度をアピールできます。

ただし、資格よりもポータブルスキルを磨いたほうが転職には役に立つため、もし転職するまでに猶予があるのであれば足りないスキルを磨くことも検討してみてください。

40代の転職に役立つ資格

これまでもお話した通り、資格よりも経験・実績のほうが優先される傾向にありますが業界によっては重宝される資格もあります。代表的なものを3つご紹介します。

TOEIC

グローバル化が進む中で採用や昇進にTOEICのスコアを求める企業が増えつつあります。英語を活かした仕事をしたいのであれば押さえておきたい資格です。

目安として中途は700点以上、外資系企業は800点以上です。860点以上であればAランクと評価され十分なコミュニケーションが取れると判断されます。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金のエキスパートです。国家資格のFP技能士と民間資格のAFP、CFPがあります。

保険や不動産業界への転職には有利な資格です。

介護職員初任者研修

介護業界は人手不足が深刻なため無資格でも採用されるケースもありますが、介護職員初任者研修を取得していればかなりの確率で内定が取れます。

また3か月程度で取得が可能でその後の介護福祉士へとつながる介護のスタート資格とも言えます。

まとめ:40代は統合力で勝負

40代の転職は資格がないと不利だと思っている方は多いですがむしろポータブルスキルのほうが重要です。

40代は統合力で勝負なのでこれまでの経験や実績、蓄積された知識をうまく組み合わせて存分にアピールしてください。

またポータブルスキルの見極め方や40代の募集求人のサーチを無料でアドバイスしてくれる転職エージェントサービスを利用するのも転職成功への近道となります。

プロティアン 70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本術 | 田中研之輔 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで田中研之輔のプロティアン 70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本術。アマゾンならポイント還元本が多数。田中研之輔作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またプロティアン 70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本術もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント