死ぬまでに一度は行きたい「地中海の宝石」スベティステファンにGO!


旅人、いや世界中の人の憧れ、死ぬまでに必ず行きたいとみんなが思うモンテネグロの小さな小さな島「スベティステファン」。その美しさは世界で最も美しい景色のひとつと言われます。島ギリギリまで建てられた600年前のオレンジ色の屋根は全ての思考を止め夢のかなたに心を惹きつけます。

モンテネグロ コトルのバスターミナルから2時間、ブドォバという街まで出発です。画像向こう側には二階建て観光用バスが見えますがたぶんそれでも行くはず。

 

ドケチなワタクシは市内バスで移動。「Budva」と書いてあるバスか確認します。4ユーロは運転手に支払い。モンテネグロの物価半端ない。これバスの料金じゃないだろ・・・

 

ブドォバのバスターミナルに到着。ここからビーチまでバスで行こうと思いましたがインフメーションでタクシーしかないと言われて歩き確定。

 

延々と日本の国道みたいな道を歩きます。店とかない道は苦痛ですね~。

 

ビーチが近いとTバックの美人多し。Tシャツ来てるとエロさ倍増。あとビーチは半分(上)ヌーディストも多いです。

 

ブドォバビーチ。アドレア海沿いです。人気のリゾート。

 

ボート乗り場の看板です。スベティステファンまで5ユーロ。ハワイ島も立ち寄りますがアメリカの「ハワイ」とはもちろん違う近場の島です。でも結構キレイでした。本場も5回行きましたけど負けてないですよ。

 

ボートの運ちゃんは足で運転(笑)リラックスしすぎ。

 

スベティステファン島。ボートから撮影です。今は高級ホテルで要予約。一泊5万です。旅人は島に行こうとするとガッチリガードマンから蹴られます。15万のUAEのホテルに連泊したワタクシですがここは遠慮(笑)上からとボートから見るだけで充分美しさは感じれます。

 

次はニセハワイ。でもこのレベルです。タイのピーピー島並みの美しさはさすがアドレア海。

 

登るなと書いてあるのにみんな無視です。当然。でもコケないように。2時間でボートはブドォバに帰ります。ここで泳ぎたい人は1日中OKです。あとのボートに乗りましょう。

 

ブドォバの旧市街にも行きます。小さいけどそれらしいです。

 

骨董品店では猫さんにエサやり中。うむ次世界遺産に認定する。

 

城壁は子供が登って遊んでます。あぶね~からソレ。あとケータイ落とすぞ危険と書いてあります。写真撮ったら握りしめて帰ります。